使用済みトナーの地球環境とリサイクル

再資源化の重要性をこちらで紹介

使用済みトナーカートリッジと再資源化

レーザープリンターのトナーとは

レーザープリンターのトナーとはレーザープリンターまたは複写機で使用されるものです。
具体的にどういったものかというと帯電性のあるプラスチックの粒子に黒鉛や顔料等の色粒子を付けたミクロサイズの粒から成り立っている粉です。
これらを静電気の仕組みを使って紙につけることで髪に様々なものをプリントアウトできるようにしています。
また、トナーには多くの種類があります。
種類としては純正トナー、そして非純正トナーです。
選ぶ際には純正がおすすめされていますが、環境資源のためにリサイクル品を選ぶにも手です。
確かに品質は純正の物が安定していますが、リサイクル品をはじめとする非純正の製品が使いにくいというわけではないのです。

再資源化と私たちの生活の関連性について

再資源化という言葉に馴染みがあるかもしれません。
再資源化とは再循環を意味する言葉で英語ではリサイクルともいいます。
昨今はあらゆるものが再資源化される世の中です。
大量消費をしてごみを出すだけでなく、再資源となり使えそうなものは回収し、新たな資源として回収を行います。
レーザープリンターのトナーもその再資源化の対象で、無料で回収されます。
そうしてリサイクル品として利用されて私たちにまた重要な資源として再び利用されるのです。
それら以外にもリデュース、リユース、リサイクルの3Rという概念から資源の再利用化が推奨されています。
環境にいい、エコになるというイメージが商品につくともはや付加価値となっている部分もあります。
代表的なのがマイボトルです。
ペットボトルもリサイクルは可能ですが、マイボトルを利用することによってお金の節約になるだけでなく、エコになるかつお洒落のイメージもついて付加価値が付いています。


環境にやさしいリユースリサイクルを実現するためにカートリッジを無料で回収している会社が存在します。
たいていの場合は、どのレーザープリンターを使っているかやどこの製品のカートリッジを使っているかに関わらず回収をしています。
何かの料金がかかることもありません。
それらを回収して欲しい場合は、回収して欲しい日の前日に集荷に出すようにしましょう。

回収やリサイクルの流れについて

私達が知っているトナーというものには純正トナーという新しいものとリサイクルトナーという回収したものをもとに作っているものがあります。
空のものを無料回収してもらったあとそれらはリサイクル品として新しい資源に生まれ変わります。
インクカートリッジも同じように、リサイクル品として回収され生まれ変わっているものがあります。
トナーカートリッジの回収の注意点としては印字不良や動作不良が発生しているものは回収してもらえないということです。

人気記事ランキング